HOME > オリジナル梱包・包装資材 > オリジナルクリアケース(クリアボックス)

オリジナルクリアケース(クリアボックス)

クリアボックス

キタミではクリアボックスの別注を承っております。
クリアパッケージは、透明感のあるを演出することはもちろん、購入する前に商品を確認できるという点で、消費者に安心感を与えることができきます。化粧品ケースや雑貨ケース、食品・薬品のケース、文具のファイルなどに様々な場面で利用されています。材質は、PETのほかPP、PVCも扱っております。
無地でのサイズオーダーはもちろん、箔押、シルク、オフセット、グラビア印刷、その他特殊印刷も承っておりますのでご相談ください。

クリアケースの規格品も豊富に取り揃えております。

ドーム型クリアケースの規格品もございます。

お問い合わせの際には、サイズ、形状、印刷の有無(色数)、ご希望数量、納品予定先をご連絡ください。ご連絡お待ち申し上げます。


主な形状

主な形状をご紹介いたします。その他、さまざまな形状にてお作りできますのでお気軽にご相談下さい。

サック式

クリアボックス サック式

天地が差し込み式のフタになっている形状です。


下組函

クリアボックス 下組函

片側が差し込み式で、底面がアメリカンロック(地獄底)になっています。

下組函 フック付き

クリアボックス 下組函フック付き

上記の下組箱に対して、フックに掛けられるようにヘッダをつけたタイプです。

重い商品の場合にはフックは折り返して強度を上げるダブルフックを、軽い商品やコスト優先の場合にはシングルフックをお選びください。

穴の形状も、丸穴や右の図のような飛行機穴がございます。


ワンタッチ

クリアボックス ワンタッチ

箱を組む時に、広げるだけで底が組まれるタイプの形状です。


ピロータイプ

クリアボックス ピロータイプ

まくら型のケースになります。フックに掛けるヘッダ(フック)をつけたり、ディスプレイのために自立させることもできます。


材質

クリアケースの素材としては、PVC(塩ビ)、PET、PPが使われます。それぞれ次の様な特徴がございます。

材質 特徴
PVC(塩ビ) ・従来より加工性が良いことから多く使われていた素材です。
・透明度が高く、PETに比べると傷がつきにくいです。
【かつてはダイオキシン発生の原因とされ、環境への配慮から塩ビを敬遠する
 動きもありましたが、近年では焼却技術の向上により問題がなくなってきて
 おり、扱いやすさから使用を見直されております。】
PET ・環境に優しい素材として、PVC(塩ビ)に変わり多く使用されるようになりました。
・透明度が高く、硬いのが特徴です。
・傷が比較的付きやすいため、長期間在庫としてストックする場合には向かない素材です。
PP ・環境に優しい素材として、PETと同じくPVC(塩ビ)の変わりとして多く利用されるようになった素材です。
・PETやPVC(塩ビ)に比べ、柔らかく傷が入りにくいのが特徴です。
・透明度はPVCやPETよりもやや劣りますが、高透明素材も増え、遜色なくなってきております。
・円筒(丸筒)型には利用できません。

 


 
ご注文までの流れ商品を探す→料金お問い合わせ→キタミよりご連絡→発注
Contact Us

梱包資材・包装資材のことなら、おまかせください。

よくある質問と答えお問い合わせ専用フォーム
Tel : 03-3424-3491 Fax : 03-3412-9841
E-mail:info@kitami-net.co.jp

ページトップへ


お問い合わせ専用フォーム 梱包資材・包装資材の専門店 きたみNet よくある質問と回答 Tel : 03-3424-3491Fax : 03-3412-9841